awaiとはawaiのものづくりオンラインショップきかた教室相談する
イベント/ニュース

スタッフおススメ鼻緒 第1弾 〜カジュアルだけどドレッシー〜
2016.09.28 Wednesday

 

ただいま店頭で好評開催中の
「世界にひとつだけのカレンブロッソフェア」ですが、
残り6日となりました。
この時期は、スタッフも自分用にこっそりと鼻緒を吟味し始めます... 
”本当は伝えたくない、でもおススメしたい”そんなスタッフお気に入りの鼻緒をご紹介します。
まずは私、海老澤が選んだのは...
通年締められる、まさにリアルクローズな名古屋帯。
「四季格子」の帯地を使った鼻緒です。カジュアルな雰囲気にも、ドレッシーさを演出する品格を備えています。
コーディネートの幅を存分に拡げてくれます。
そもそも名古屋帯「四季格子」は
awaiでの”紋織で通年ご使用いただける帯は作れないか?”という冒険心から生まれた帯です。
慣習的に紋織は地厚で盛夏は締められないようになったところがあります。
「四季格子」の地風は紋織の技術を使いながらも、平地のような織りで、夏場にご使用いただいてもすっきりした印象です。

格子や縞模様はカジュアルな位置づけとなりますが、「四季格子」は銀糸をヨコに入れて少しドレッシー感を出しております。
さらに、awai母体が博多織の織元だから実現できるこんな組み合わせもおススメしたいです。
男性は女性ほどお着物の小物遊びの種類がございませんが、例えば角帯と足下の鼻緒の織り柄が同じだったら...
スーツ姿でに例えれば、ネクタイの柄と、スラックスの裾からチラッと見えるソックスの柄をペアにするような上級お洒落です!
awaiは博多織の織元を母体とした博多織工房での帯を中心としたものづくりはもちろん、着物や小物も、全国の産地に足を運び「声」を形にできないかと直接職人さん達と模索しております。
その中から生まれてくるのがawai の店頭に並ぶオリジナルの商品です。
技の競演から生まれたオリジナル鼻緒。
是非、フェア期間に一度、店頭まで直接ご覧にお越しください。
(海老澤)

9/14(水)-10/3(月)
「世界にひとつだけのカレンブロッソフェア」

 

博多織の生地を使ったawaiオリジナルの鼻緒が100種類以上並んでいるのを、お仕事の合間に下見にいらっしゃる方も珍しくない、大人気の履物オーダー会。
勿論、オリジナル鼻緒が一番の魅力ではございますが、その鼻緒と履物の台や天の素材・色をどう組み合わせるか悩まれるのが、また楽しい時間です♪ 

 


※画像は履物に足を乗せる部分(天)です。

 

せっかく自分だけの履物を作れるのだから、思い切り冒険する方も…それがスタッフも思い付かないような素敵な履物に大変身するのです!

履物の台の色・素材をお好みでお選び頂き、お好きな鼻緒を選んで世界にひとつだけの1足をオーダーしてみませんか。
※期間中は別注代(2,000円)がサービスとなりますので
ぜひこの機会にどうぞ。

http://news.awai.jp/?eid=1406102


「KIMONO de 涼風の宴」
2016.09.20 Tuesday


9/17(土)awai主催のイベントを赤坂アークヒルズで夏着物でパーティを開催し、「盆踊り」と「お食事会」とその両方をお楽しみいただきました。

 

お忙しい中お集まりいただきました皆様、本当にありがとうございました。

 

この日は、赤坂氷川神社の例大祭に合わせて、
毎年恒例の「アークヒルズ秋祭り」が開催中!
アーク・カラヤン広場の中心にやぐらが組まれ、
伝統的な盆踊りや和太鼓を始めとした伝統楽器の生演奏、
施設内の店舗が出店するグルメ屋台や縁日屋台、日本の伝統文化を体験できる様々なワークショップなども行っておりました。
そんな中、この盆踊り大会の真ん前に位置する
ニューヨークグリル「Bubby's」さんをお借りすることができました!
お客様同士とawaiのスタッフが同じテーブルにつき、
あまり堅苦しくならずに、普段お話できないことなどで盛り上がり、
和気藹々とした雰囲気に包まれました。
飲み、食べ、そして盆踊りと、
都心の夏着物ナイトを存分にお楽しみいただけのではないでしょうか。
またこのように着物で楽しめるイベントを企画して参りますので、
是非今回残念ながらご参加いただけなかった方も、
楽しみに次回イベント告知をお待ちくださいませ。
最後になりましたが、屋台も出店されているなか、
awaiのイベントも並行して対応くださった
Bubby's New York 様。
本当にご無理ばかりお願いしましたが、
そのすべてをこころよく引き受けてくださり、心から御礼申し上げます。
そして、イベント最後までアットホーム雰囲気で
一緒になって盛り上げてくださいました皆様、本当にありがとうございました。
(海老澤)

 

9/14(水)-10/3(月)
世界にひとつだけのカレンブロッソフェア

 


お待たせいたしました!
半年に1度だけの履物のオーダー会が9/14より絶賛開催中です。

履物の台の色・素材をお好みでお選び頂き、
お好きな鼻緒を選んで世界にひとつだけの1足をオーダーしてみませんか。

鼻緒は、博多織の生地を使ったawaiオリジナルのものが100本以上並びます!

期間中は別注代(2,000円)がサービスとなりますので
ぜひこの機会にどうぞ。

 


9/14(水)-10/3(月) 世界にひとつだけのカレンブロッソフェア
2016.09.15 Thursday

 

 

9/14(水)-10/3(月)
世界にひとつだけのカレンブロッソフェア


お待たせいたしました!
半年に1度だけの履物のオーダー会が9/14よりスタートいたしました。

履物の台の色・素材をお好みでお選び頂き、
お好きな鼻緒を選んで世界にひとつだけの1足をオーダーしてみませんか。
鼻緒は、博多織の生地を使ったawaiオリジナルのものが100本以上並びます!

 

そして、今回特におススメの鼻緒が

上の写真でご紹介している「独鈷と華皿文様」の「献上柄」です。

 

ここで、「博多献上帯」について簡単にお話しいたしますと...


博多織は1241年、博多の商人、満田弥三右衛門が宋(当時の中国)から技術を持ち帰ったのがその始まりと言われており、その歴史は770年以上を誇ります。江戸時代初期、筑前藩主の黒田長政は幕府への献上品として博多織を選びました。有名な「博多献上帯」の名はここから生まれたのです。今では博多織は伝統的工芸品に指定されています。

(昭和51年、通産大臣より指定)

 

そして、献上柄の由来ですが、
満田弥三右衛門は、博多織の独自の織紋様をつくろうといろいろ思索していましたが、なかなかよいアイデアが浮かびませんでした。そこで、宋の国へ一緒に行った承天寺の聖一国師のところへ相談にいきました。聖一国師は、傍らに置いてあった独鈷(*)と華皿(*)を持ち出して、これを使って紋様をつくることをすすめました。そうして、できあがったのが、献上柄です。
※この頃はまだ「献上柄」とは呼ばず、「独鈷と華皿文様」という文様名でした。

 

※【独鈷(どっこ)】
真言宗で使用する、煩悩を打ち砕く法具。

 

※【華皿(はなさら)】
法要のときに散布する花を盛る器。

 

その他2種類の縞があります。
【親子縞】親が子を守る姿を表し
【孝行縞】子が親を守る姿を表現したとされています。

 

さて、知識も入ったところで、ぜひ実物の「独鈷と華皿文様」をご覧にお越しくださいませ。

ここまで揃うのは珍しいので、まだ色の種類が多いうちにお選び頂ければ、

きっと「世界にひとつだけの献上柄鼻緒」が見つかるかもしれません!


期間中は別注代(2,000円)がサービスとなりますので
ぜひこの機会にどうぞ。

 

(海老澤)

 

 

【告知】

まだ、間に合います!
赤坂アークヒルズで夏着物でパーティ開催します。

 

9月17日(土)
KIMONO de 涼風の宴

 

「盆踊りとお食事会」

 

赤坂氷川神社の例大祭に合わせて開催される毎年恒例の「アークヒルズ秋祭り」。 アーク・カラヤン広場の中心にやぐらを組み、東京音頭や六本木音頭といった、「これぞ盆踊り!」を夏着物 を着て楽しみませんか。 盆踊り大会の真ん前に位置するニューヨークグリル 「Bubby’s」を借り切りました。 オープンテラスの席や店内で食べ、飲み、そして盆踊 り、都心の夏着物ナイトを楽しみましょう。


場所:赤坂アークヒルズ盆踊り会場内、Bubby's New York   

  (東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル 2F)

   交通:【地  下  鉄】 南北線 六本木1丁目駅 3番出口徒歩2分

                                             銀座線 溜池山王駅 13番出口徒歩4分

      【都営バス】 都営01系統(渋谷⇔新橋)or(渋谷⇔アークヒルズ)

                                          「赤坂アークヒルズ前」下車

 

時間:18:00〜21:00(受付開始:17:30〜)

会費:5,000円(税込) 

 

※要予約

※着席していただけます。

※定員になり次第受付を終了いたします。

※チケットご購入後のキャンセルや払戻しはいたしかねます。                             

 

 

お申し込みは・・・ 店頭、メールまたはお電話にて、お申込ください。

TEL.03-5770-6540 

info_roppongi@okano1897.jp  (アドレスが変更しております)  

件名に「KIMONO de 涼風の宴」  

本文に「内容の詳細、氏名・電話番号」をご記載ください。                         

 

※最近、プロバイダの迷惑メール対策でメールが届かない、または当方からの返事が届かないというケースがあります。 お申込後 2 日以上経っても返信 がない場合などにはお手数ですがお問い合わせください。


OKANO 「序章」Prologue
2016.09.03 Saturday

 

WAZA DEPARTMENT IN HAPPO-EN

〜日本のWAZAを世界へ〜

 

OKANO
「序章」Prologue

 

博多織元岡野は、これまで、着物ブランドとして、武一郎、千年工房、awaiを展開して参りました。

2017年、春、創業120週年を迎えるのを期に、銀座から世界に向けて日本の伝統染織技術ブランドOKANOをスタートします。

 

8月31日に八芳園で開催された、日本のエクスペリエンス・イベントにOKANOも参加いたしました。

WAZA職人が東京 白金台に集結。
インバウンド、観光、MICE
事業関連方々、2000名近くが
WAZA DEPARTMENTに来場されました。

 

まだまだご披露できる部分は限られておりましたが、

序章として、OKANOの世界観の一部を発表させて頂きました。

 

八芳園内の庭園奥に静かに佇む白鳳館。

足をわざわざお運びいただきました皆様へ、

まずは涼しい風をお送りしたく...

 

 

白鳳館エントランスへのアプローチに、

糸・職人の道具・織だし・帯へとその制作過程を表現した

氷の標本がまず皆様をお迎えいたしました。

 

 

糸枠も棚に飾ると、風情がありますね。

さらにメイン会場に進みますと...

 

 

奥のステージでは、

ヴァイオリニストの松本蘭さんによるライブ・パフォーマンスを行いました。

 

 

松本蘭さんはクラシックという枠を越えて、和とのコラボレーションを積極的にされています。

ミス日本「ミス着物」も受賞されていて、この日もOKANOの帯と着物を、まるでドレスの様に優雅に纏って下さいました。

 

2020年の東京オリンピックに向けて益々世界から注目されるTOKYOに、

新しい「風」を送るのも、OKANOの使命であると考えます。

世界から熱い視線を浴びるこの都市で、着物が在る風景は最高のオモテナシとなるでしょう。

 

...日が沈むと、白鳳館の庭には、月が浮かび上がります。

 

 

こちらは、裕人礫翔(ヒロト ラクショウ)氏による月のオブジェ。

さらに、ここにもOKANOの「風」は舞い降ります。

 

 

世界に向けて、OKANOという船は帆を張り、

風をしっかりと受け止め動き出し始めました。

 

八芳園での一夜限りのエンターテイメントは大盛況のうちに幕を閉じましたが、

OKANOの舞台はいままさに開幕を迎えようとしております。

 

なんだかワクワクしてきませんか。

乞うご期待。

 

(海老澤)


六本木ヒルズ夏祭りで浴衣パーティー
2016.08.27 Saturday

 

 

昨日は、浴衣でお集まりの皆さんと「楽劇 六本木楽」を鑑賞し、

終演後お食事会を楽しみました。

六本木ヒルズアリーナで開催される恒例の、

日本古来の伝統音楽舞劇「楽劇 大田楽 六本木楽」。
六本木に住む近隣の一般の方々と、大田楽のプロの方たちが合わせて1か月半もの間、本番に向けて練習をされたとのこと。

カラフルな衣装と花笠に身をまとい、古典で現代のリズムに合わせての舞は生で観るとまさに圧巻でした!!

 

 

大田楽は農耕儀礼に由来しています。

後に独自の芸能として発達し、京都で見られる機会は過去にはあったそうです。

記録上では998年を最古とし、永長の大田楽は京都を熱狂的興奮に巻き込んだ現象として後世に伝えられています。

現代は和泉流宗家八世故野村万蔵氏が研究創作し、

弟の九世万蔵氏が引き継いでいます。

 


鑑賞後は皆さんで食事会。

着物大好きな方々との時間...皆さんそれぞれ異なる職種ではありますが、

どこか通ずるところがある。

本気で人生を楽しもうとする方々は、それぞれの道でのプロフェッショナル。

着物という共通言語が、お互いの感性を引き寄せ、

飲み、食べ、お喋り...と、大いに盛り上がりました。

 

awaiといたしましても、ただ着物を売るのではなく、

このように着物で楽しめる場のご提案もさせて頂き、

結果、それが新しいTOKYOという都市における

文化の再構築に繋がればと願っております。

 

(海老澤) 

 

 

  

8/24(水)〜29日(月)

「伊勢丹新宿 彩り祭」 〜awaiの世界 awaiの帯百選〜

 

伊勢丹新宿店(本館7階=呉服)にて期間限定出店

「awaiの選ぶ博多織の帯100選」を開催いたします。

今回は、通常awaiではなかなかご紹介しきれない帯も含め、

百数十本の帯をお持ち致します。

伊勢丹にてお会いできることを楽しみにしております。

 

 

【イベント告知】

 

 

◎awaiの前結び講座
身体の前で簡単に帯を結ぶ方法を、

実際にモデルを使いながらレクチャーいたします。

 

日時:8/28(日)3時〜(参加無料)
場所:新宿店本館7階=呉服/着物語


| 1/21PAGES | >>

Calendar
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>
Producer's Blog
Profile


Search This Site.

pagetop